そば米汁

今日は夜7時頃に集中力の限界が来たので、夕飯の買出しに日本街まで行ってきた。前々から欲しかった味噌とキューピーマヨネーズ、里芋や刻み海苔、ごま大福など、日系スーパーでしか手に入らないものをいくつか買って帰った。

今夜の夕飯は徳島県の郷土料理のそば米汁を作った。里芋はそのためだ。
材料ちゃんとそろえたり手間暇かけただけあって、自分史上最高傑作のそば米汁が完成した。東京で住んでいた頃は年に一度は作っていたが、アメリカに来てからは初めて。本当に美味しくできたので誰かに食べさせたいが、そば米汁はそば米がどんどんダシを吸ってしまうから、出来たてで食べるのが一番なんだ。なので誰かに振舞うのは次の機会だ。美味しく作る方法が分かったし。

作り方
あらかじめ、乾燥しいたけを砕いてから水で戻しておく。今日は急ぎなので一時間弱。本来は砕かないで一日かけてじっくり戻したほうが良いらしい。
ダシと醤油と酒(今回はなかったので味醂で代用した)と塩でダシを作る。
鶏肉、人参、大根、里芋、油揚げ、戻した干し椎茸、(豆腐)、などをいい感じに切ってダシに入れて煮立てる。
生姜の絞り汁を少し入れると風味が最高。
あと、あればスダチ。無かったのでライムの輪切りを三つほど入れた。これが今回は大正解だった。
そば米をアルデンテくらいまで煮立てる。カサが4、5倍くらいになるので量に注意。ザルに上げて水でよくぬめりを取る。
そば米を入れて軽く煮立てて、おわんに盛り付けネギをちらして完成だ。

非常にうまい。ダシの完成度によるところが大きい料理だが、それは今回とても上手くいった。さらに、そば米から出る絶妙な風味が見事に全体をまとめていて実に美味しい。徳島県の郷土料理なので全国的にはかなりマイナーな料理だが、高級料亭などでは出るらしい。
癖になる味。やっぱり一年に一度は食べたくなる。徳島のスーパーには必ずそば米は売ってるので、もし行く機会があればマスト。安いし。

その他、ほうれん草の胡麻和えと、豆腐を潰して混ぜ込んだ玉子焼き。とてもヘルシーな夕飯でした。満足。

広告

そば米汁」への2件のフィードバック

  1. そば米汁、丁度いい硬さで仕上がるとほんと美味しいよね。
    私も年一くらいで作るわ。知らない人はもったいない。
    実は最近、有楽町の交通会館に徳島物産展ができたんで、東京ならそば米もスダチも簡単に手に入るようになったよ。

  2. いやー大量に作ったけどすっかり完食してしまった。美味しかった。今回のアルデンテ具合は我乍ら完璧だったわ。
    なんかそば米汁、年一ってイメージあるね。美味しいし、別に高いわけでもないからもっと作ればいいのにな。徳島人にとっても少しレアな印象。

    東京でもそば米買えるんだ!すげえっす。東京暮らし始まっても安心だな。スダチとか高そうだけど。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中