TKOT! TEXT2

SF留学記+雑記

レンズのために実験台になっています

leave a comment »

今僕は目薬の新薬を試す実験台になっています。
まず、さまざまな植物から抽出した、人にアレルギー性の害を及ぼす成分を腕に刺して反応を見ます。アレルギーテストです。16カ所刺して、大きく腫れたのが4カ所。蚊に刺されたみたいになって、非常にかゆい。
後日、反応が大きく出た苦手な物質を、なんと目に入れます。少しづつ濃度を上げて数回。
当然、かゆくなってきます。ちょっと鼻水も出ます。手でこすったりしてはいけないのでひたすら耐えます。僕は3回目の投入でドクターストップが出て、目薬を差してもらいました。
この段階ではまだ新薬は投与しません。アレルギーがしっかり出るかどうか見ているのかな。最終日に、プラシーボと目薬を左右の目で試して反応を見ます。
当然、こちらのテストなので、英語です。新薬実験に関する書類も英語で、知らない単語がたくさん出てきましたが、まあたいしたことは書いてないだろうと斜め読みし、サインしました。日本人スタッフも一人居るけど、居ないのと同じようなもんなので、ちょっと不安。

3日行って$400貰えます。非常に良いのです割が。これを元手に、新しいカメラのレンズを買おうと思っています。そろそろ作品撮りのことを考えようかなと思っているので、良いレンズを買おうと思って。
カメラのレンズはほぼみんな日本ブランド。たいていはアメリカで買う方が割高になるのですが、今は¥が強いので稀に日本の最安値よりもはるかに安くなったりもします。
今候補に挙がってるのは以下の三つ。

smc PENTAX-DA★ 55mmF1.4 SDM ($670=¥60,155.95)
SIGMA 50mm F1.4 EX DG HSM ($500=¥44,892.50)
Carl Zeiss Planar T* 1.4/50 ZK ($ 550=¥49,381.75)

名器と言われる標準レンズ陣です。デジ一眼につけると中望遠になります。括弧内の値段は僕がネットで見つけた最安値。ごらんのように日本円に換算すると、価格.COMの最安値と同じくらいまで頑張ります。ペンタックスに関しては遥かに下回ります。まだ発売後間もないから日本では値段が下げにくいのかな。お得感が高いので、ペンタックスが今のところ一番の候補です。この中では高いけど。
ペンタックスは比較的新しめのレンズなので最先端技術もりもり。クイックシフト・フォーカス・システムがとても魅力的。性能の割に比較的コンパクトなあこがれのスターレンズ。値段は高いがそれ以上の性能。
シグマはまったく継ぎ目が見えないほど美しいほんわかしたボケが特徴。これもはるかに値段以上の性能。口径がでかくてかっこいいが、ちょっと重い。
カールツァイスはボケが独特。絞りによっては印象派絵画のようなボケになるのが凄く好み。色も凄く綺麗に出る。マニュアルフォーカスちょっとめんどくさい。
スペックは似ているけど、味付けは異なる3つ。迷っています。価格.comで質問してみようかな。

作品撮りの場合、やっぱりズームレンズやマクロレンズの方がいいのかなあとも思います。何かいいレンズないかなあ。マクロは割高なんだよな、明るいレンズだと。上の3つは全て最短撮影距離が45cm。中望遠でそれだけよれれば名刺サイズのものもそれなりに撮れると思うんだけど…。う〜む。

ちなみに、僕の持っているレンズは FA35mm F2 ひとつだけです。
発売日にK10Dボディと一緒に買って、ずっとその単焦点一つのみで撮り続けてきました。FA35mm F2 はちょっとチープな外見のくせに、隠れスターレンズという噂通り、思いもよらないほど素晴らしい写真が撮れるのでとても気に入っています。このブログに上がる写真は全てこのレンズ。きれいに撮れているでしょ。めちゃくちゃ軽いし。デジタル換算すると52mmとスナップに最適な標準レンズになるため、このレンズのおかげでスナップが大好きになりました。最初のレンズで単焦点を選択するのは少し迷いましたが、今思うと大正解でした。写りが綺麗なので、とっても写真が好きになった。F値も2と明るいし。確実に値段以上の性能です。単焦点はズーム機構で無理していないから、写りの良さには必ずアドバンテージがあるはずと信じてる。画角変えられないけど。
新たなレンズ早く来い!
目がかゆい!

追記:
まいった。さらにお得感のあるレンズ発見。ありえない。
smc PENTAX-DA★ 16-50mm F2.8ED ($611=¥54,858.64)
アメリカのアマゾンで発見したこの価格、日本の現在の最安値(¥98,299)よりもさらに4万円以上安い。こんなことってあるのか!?何か間違ってる?これは単焦点贔屓の僕も、ぐらつきまくる。どちらが買いかは間違いない。これは決まったかな…。う〜ん。迷う!迷うぞ!!これは!!!明るいレンズ至上主義なので、F1.4の世界を知ってみたいというのは多いにあるぞ!!くあ〜〜。迷う!!!!でも4万円安いのは大きすぎるな。十分レンズもう一個ついてくるレベルだ。き…きまりか…?でもF1.4は絶対普通のレンズじゃ撮れないぞ!迷う!
でも、なんでだろう。怖いくらい安いぞ。発売から2年たっても日本ではあまり値段が下がってないのに、この差はいったい何故。本当に同じレンズか?凡ミスか?でも多分同じレンズだと思う…。これは日本から取り寄せ殺到するレベル。とにかくアメリカ万歳円高最高。やっぱきまり。これにしようズームレンズだけど。F2.8だけど、通しだし。これマジすげえ。こいつも憧れのスターレンズだし。まず文句無いな。なんて買い物上手。目はかゆいけど。

追記:
う〜む。smc PENTAX-DA★ 16-50mm F2.8ED の評価が割れている…。それでも五万五千円なら確実に買いな性能ではあるのは間違いないが…。
こんなに迷うくらいならもう少しお金を貯めて、画質に関していっさい文句が出ない FA31mmF1.8AL Limited をゲットした方が満足感は高いかもしれない。僕の見つけた最安値でも$900は高すぎるけども、日本円換算すると日本の最安値より2万円弱安い。ペンタがレンズ値上げする前なら今より遥かに安かったんだけど…。あのときに買っておけば良かったなあ…。まあ成金大学生の俺にはまさにうってつけのレンズだ。現存するペンタックスKマウントのレンズで最も評価が高いものと言って過言ではないこのレンズは俺様に最も相応しいものに違いないアル、という悪魔のささやきが…。
smc PENTAX-DA★ 55mmF1.4 SDMsmc PENTAX-DA★ 16-50mm F2.8EDFA31mmF1.8AL Limited の純正3つで迷う。フォクトレンダー NOKTON 58mm F1.4 SLII もマニュアルだが良さそうだ。この画角は良いレンズがいっぱいある。値段とのバランスとか、迷う。
ただ、FA31mmF1.8AL LimitedFA35mm F2 の違いがあまり分からなかったらどうしようという恐れはある。こいつも優秀だからなあ。
それならやはり画角の違う smc PENTAX-DA★ 55mmF1.4 SDM の方が面白いかもしれない。が、このレンズも評価がほんの少し割れている印象なのでさらに FA77mmF1.8 LimitedFA43mmF1.9 Limited という選択肢も出てくる。こいつらもFA31mmと同様、ほぼ完璧なレンズとして評判。やはりアメリカでの価格は日本より2万円以上安いし。

しかしこれらは作品で使える画角か?趣旨変わってきてるのを感じるぞ。いかんいかん。やっぱりズームレンズか?お得だし。リミテッドレンズなんて、貧乏大学生の僕には贅沢すぎる。僕みたいな素人が持ってるのはいやらしいわ。正気を保て。物欲に負けるな。もっとリーズナブルなものを探せ。

Written by tkot1

10/10/2009 @ 00:46

カテゴリー: Diary

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。