TKOT! TEXT2

SF留学記+雑記

エリックと散歩

leave a comment »

_IGP4422_IGP4419_IGP4425_IGP4426_IGP4428_IGP4429_IGP4427_IGP4430_IGP4431_IGP4437_IGP4434_IGP4459_IGP4448_IGP4453_IGP4457

新ルームメイトのエリックは一歳年上の台湾人だ。グラフィックデザイン学科のクラスメイトでもある。で、今日は天気がとても良かったので、特に理由もないけど二人で外に出た。ウィリアム・スタウトというビールみたいな名前のデザイン系書籍の充実っぷりが有名な本屋に行った。二時間弱立ち読みした。日本のデザイン系の本もたくさんあってとてもいい。AKTさんの事務所でやらせてもらっていたグレン・マーカット建築の展覧会。その時のが玄関にずらりと並んでいて(写真右窓)感慨深かった。MRTさんとオープニングセレモニー行ったときグレン・マーカット氏のスピーチを聴けたのも今では良い思い出。品のいい人達ばかりのパーティーで、僕ひとりだけお腹いっぱいになるまで食べていた。串カツ旨かった。他にもAKT事務所の本いくつかあった。はるばる海を渡ってここまで来たのか。
ADC年鑑とか、何故か日本の半額以下の値段で売ってたので近いうちにゲットしたい。あと、最近出た ザ・コンプリートワークス・オブ・アドリアン・フルティガー的な本が欲し過ぎた。近年まれに見る濃厚な内容。彼の仕事の壮絶なまでに緻密なプロセスをほぼ網羅した恐ろしいほど価値のある本だった。アメリカで$150もする本だが、あれは買わなくてはならない。マジやばい。人間業じゃない。あれはただの神。
アアゾンなら安い。買い。

行く途中、チャイナタウンを通るのだけど、その近くの公園で台湾の祭りに遭遇。何やら大抽選会的なことをしていた模様。ギターはその景品だ。タイワニーズかチャイニーズか区別はつかないが、たくさんのアジア人で公園がいっぱいだった。
公園のはしで、将棋みたいなボードゲームで遊ぶおっさん達がいい感じだった。どのバトルフィールドにも何人かオーディエンスがいて、ああでもないこうでもないと言い合っていた。

帰りにエリックが道ばたで厚紙を発見しもって帰った。強風に何度もあおられていた。

広告

Written by tkot1

10/10/2009 @ 20:56

カテゴリー: Diary

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。