TKOT! TEXT2

SF留学記+雑記

Project Univetica / プロジェクト ユニベチカ 01

with one comment

さあお待ちかね!今日は皆が大好きな文字の話だよ!!

さかのぼる事約半年、ヘルベチカとユニバースを足して2で割ったようなフォントあったら最強じゃね?的な記事を書いて1人盛り上がっていたけど、なんのことはない、ええ、もう既にありました。
あの記事後すぐリサーチを初めて、一瞬にして見つけました。もうあの時のテンションが恥ずかしいのなんので、今の今まで何も書きませんでした。
それもおよそ30年前、僕が産まれる5年前には既にそのフォントは完成しておりました。しかも、完成度のわりにそれほど普及もせず。良いとこ取りをしようとして中途半端に終わったようなイメージなんだろうか…と、最初は思っていましたが…。
そのフォントの名前は「Haas Unica(ハース ユニカ)」。flickrで詳細な設計書を発見しましたので、ご報告。まいった。そりゃそうだよ誰でも考えつくよ、ヘルベチカとユニバースの子供作ろうなんて。で、そんなことは無理な話なんだきっと。
そのUnicaちゃんがこれ↓。きゃわいい!!

大きな変更点はG、KやR、aやkなどに見られる。Rが凄く変わった。ヘルベチカの最も大きな特徴であるGのスパー(?)が垂直に下りていたり、Rのテールが横に伸びていていてやさしいかんじ。インク溜まりも少し深め。小文字のaの雫型のカウンターが雫型じゃなくなっていたり、角ばった丸みが普通に丸くなっていたり。
が、しかし、この非常にマニアックな設計書を見る限りでは、そのデザインはどちらかとお父さん似。ヘルベチカによく似ている。というか、ちょっと似すぎている。というかむしろベースはあくまでもヘルベチカで、ユニカは別にヘルベチカとユニバースの中間ではなく、Helvetica Neueが出来る以前に、可読性を高めるためUniversの持つ優雅な字幅を参考に、当時の新しい写植機にあわせて改良を施した書体なのだ。字幅なんかはHelvetica Neueに非常に近いんではないだろうか適当な推測。
LinotypeとScangraphicの熾烈なライセンス争いのはてに、なんやかやあって、製品化されなかったもの。ライノタイプも今やNeueを持っているのでユニカはいらないのだろう。これはこれで非常に魅力的な書体なので、個人的に復刻してみても良い気がするが、プロジェクト ユニベチカと少し趣向が違ってきてしまうし、何より面倒だ。
ヘルベチカの本によると、制作者であるTeam’77がハースユニカを「失敗作」としているらしいが、今見るととても良いと思うのは僕だけか。ヘルベチカやユニバースには無い微妙なクセが今ならある気がする。

この↑Britanica こと New Railway Alphabet は、ここ最近で(とはいっても原型が出来たのは1965年だが)一番のヘルベチカ派生フォントだが、これはユニバース全く関係ない。これはこれで、ものすごく良い。なんだったらヘルベチカより良い。素晴らしいリメイク。ヘルベチカのもつ独特の個性を残しつつ、よりディティールを洗練させたかんじ。イギリスはやる事が違うわ。尊敬するわほんま。ちょっと値段が高いのがあれだが。Eyeマガジンが特集を組んでから色んなブログで取り上げられたわりに、まだRail Way以外では使われた事例は聞かないので、そんなに売れてないのかな。高すぎたかな…とか思ってないかな。値下げしてくれたらクラスメイトと割り勘で買うかもしれんぞマジでこれは(5ライセンスまでなら値段は一緒)。
イギリスでヘルベチカを元に作られたサイン用書体を、本文様に6つのウェイトにそれぞれイタリックを追加して復刻したものがこれ。誕生の過程がちょっと個性的でそそりやがる。

さらにタイポグラフィー大国スイスを代表する若手デザインユニットNormReplicaなんかも、ネオ・ネオ グロテスクとでも言えそうなルックスのヘルベチカを感じさせるデザイン。角を落とした独特の可愛さを持ったデザインは、一般的なフォントが約700ユニットのグリッドで設計されているのにたいして、Replicaはたったの70ユニット。かなりシンプル作りになっていて、ジオメトリックな印象すらある。
頭文字に配するぐらいだからきっと作者は気に入ってるんだろうけど、個人的にRはちょっと微妙。Replicaって名前はとても良い。
全体の完成度やアイデアとかは素晴らしい。正統進化した現代のスイス人デザイナーの仕事てかんじ。これはイタリックもまた素晴らしい。ネオレトロ。
http://www.lineto.com/ここで今はReplicaの設計書見れます。保存しておくように。
Simpleというフォントと、その本とか色々で有名になったこの若い二人組Normは今後も必見。Simpleフォントでケルン航空のサインとかやってるアルね。
リンクしたサイトからフォント買えます。Britanicaよりはだいぶ良心的な値段設定です。Simpleのファミリー買いで¥42651(今日のレートで)、Britanicaは¥143344くらい。たぁけええええええ。まあ、ファミリー数多いからだけど、ファミリー単位にしても高い。売れてんのかこれ。しかしクオリティー相当高いからしかたない。Normのフォントはなんだったら設計書見せてくれたら作れるし。Britanicaはマジで欲しい。マジで欲しい。いつかBritanica買って金属活字にしたい。

で、話を「Project Univetica」に戻します。ユニカというナイスなフォントが存在していたという事は確認しましたが、このデジタルフォント時代にマニアックな連中が自主的に復刻はしていても、ちゃんとは残っていない!チャンス到来!ということで、プロジェクト続行!!テンションに身を任せてユニベチカを作り始めよう!!これではれてマニアックな連中の仲間入りをはたすなりー!
1957年に誕生したHelveticaとUniversの両書体は、現在までの50年以上の間、良きライバルであり続けてきた!!本文組みユニバースの美しさ!見出しヘルベチカの存在感!双方全く引けを取らない魅力ある書体だが、そんな二人が交わり、双方の良いとこ取りができたなら!?じゃあ、ちょっと作ってみよう!!!いうことで、作り始めてみたけど、どうもなんだ。わからん。見た目いいスタートだけど、ちゃんとディティールスケッチしながらやらなんと、とちゅうでごたごたなるでこれ。
あ〜、無理無理。やっぱ無理。俺投げまっせリサーチばっかしてアウトプット投げまっせ簡単に。駄目!だ〜め!!や〜〜〜〜〜〜る!!!(←中山きんに君風に)
とりあえず、実験的にaのみやってみた。それでは、ご覧ください。みてーーーー。

左からHelvetica Neue、Univetica、Universです。意外なほどすんなりできた。ちょっと下のカウンターの形が違っちゃってるな、今気づいた。
しかし、どうも二番煎じ感が拭えない。いや、もちろんヘルベチカとユニバースを参考に作ってるから骨格とかは相当堅いけど、なんだろう、良いとこ取りをするはずだったのに、ヘルベチカやユニバースが本来持っているはずだった魅力がお亡くなりになっているような気がしてならない。すっきりし過ぎというか…クセが無さ過ぎるというか…。劣化Britanica?だまれ。作った人間だからそう思うのか?クセが無さ過ぎるのが魅力にはなり得るか?こう見ると、ヘルベチカにはもちろん、ユニバースにもかなりクセがあったんだなあと思う。
しょうがないからこれを基本骨格にしてなんとかオリジナルの書体を…いやこれを使ってしまうともはやオリジナルとは言えんな。どうしようこれ。
世紀の自己満足プロジェクト始動か!?
…よし…将来だれかデザインに疎い友だちが会社起こしたりしたら、こっそりこれをコーポレートタイプに選定して心の中でニラニラしよう。ふふふ。

デザインに関して、レギュラーの方のaのしっぽは出すとどうしてもヘルベチカ色が強くなりすぎるので無しの方向で。異論は認めるが、あれはもうヘルベチカの代名詞的パーツだからこんなふざけた場合には使えないでしょう。
雫型を消したけど、ユニバースによりすぎないように斜めに。でもやっぱちょっとユニバースよりになってしまっただろうか。ヘルベチカの方が単体で見る分には好きなので、その好みを反映するとだんだんとヘルベチカよりになってしまいそうではあるので、それを気にしていたら今回はユニバースよりになっているような気もする。
なんか、とっても難しいな〜〜ん。でも、暇な時間を見つけて真面目にコツコツやるよ〜。出来たら仲のいい子にはあげるよ〜〜!
てか、今中間前で半端無く忙しいのにこんなことやってます。はあ…。
美大生 現実逃避に 文字作る…か…
…?

上述したもの以外に、新旧色々見つけた有名どころではないHelveticaっぽい書体。Neuzeit Sはちょい前に軽く触れたね〜。
FF Bau
Chalet Book
Folio
Neuzeit S
Coolvetica
Basic Commercial

あと、ちょっとまとまってるとこも見つけた。いやあ〜本当においらはネット世代だなあ。
てか、これは著作権的に大丈夫なんだろうか…。いちから作ってるんだからいいよね。きっと。Arialだってあるしね(駄目ないいわけ)。

Written by tkot1

10/05/2009 @ 03:31

カテゴリー: Creative

コメント / トラックバック1件

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] さーて来週のTKOTEXTは〜〜!!!お待ちかね!!!!みんなが大好きな文字の話!!!YATTA〜!「Project Univetica / プロジェクト ユニベチカ 02」!完全に冗談半分で始めたヘルベチカ&ユニバース合体フォント=ユニベチカ計画の進行具合を報告しよう!しかーし!ガキの戯れだと侮るなかれ!完成度は今のところそんなに悪くないぞ!!!さらには、同時進行で進めているプロジェクト(おそらく卒業制作になるやつ)「OPTICAL ILLUSION TYPEFACE」の計画を書くぞ〜!!!!こっちのは沢山の実験的タイプデザインのオンパレードになると思うので、素人さんにはこっちがオススメだぜ!!!楽しいぜ!!お楽しみに!!!! […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。