TKOT! TEXT2

SF留学記+雑記

TypeCon2010の開催地はロサンゼルス!

leave a comment »

TypeCon2010 Announced For Los Angeles

昨日、アドリアン・フルティガー氏による名サンセリフフォント「Frutiger」リニューアルの大仕事をついに終えたMr.Kobayashiがエンジョイしまくっていることで話題のタイプデザイン・フォントマニアの祭典「タイプコン」、2009年の今年ジョージア州はアトランタで開催中です。このNeueFrutiger、Rなんかのネガティブスペースが非常に美しい。

そして2005年から毎年開催されているこのタイプコン。フォント愛好家の私が購読する40を超える世界のタイプ関連ブログのうちのひとつであるThe Font Feedが伝えるところによると、最近サンフランシスコで開催されたばかりですが、またしても西海岸はロサンゼルスで開催されることが発表されたとのことです。開催日は8月17日〜22日。場所はHyatt Regency Century Plaza。
夏休み中なので日本帰らないで行こうと思ったら行ける期間。Mr.Kobayashiに会いに行くか?!ああ、行かいでか!!行く!行くよ!行くよ!!
願わくば、Mr.KobayashiもMr.CarterMr.DownerMr.Ungerも絶叫するほど大絶賛されて泣きながら熱く抱擁されてそのままの状態で会場から走り去られて飯を食いながらハネムーンの計画を立てるくらい度肝を抜くクオリティーのフォントを作って持って行って見せたいです。
1年あるので、いっぱい見せるものを作らなければ。
昨日まで作っていたやつも、最終的にはいじりまくってどうにかパクリ感を無くしてクオリティーを上げてポートフォリオに纏めて…ってしたいね。スケッチからのものも見せなきゃ。これはマジでそろそろレタリングの勉強の必要性が出てきたかもしれんな…。あれは今の時代、もはや勉強以外のなにものでも無いなTO ME。

この日記でMr.Kobayashiって言い出したのには理由がある。
オープンタイプフォントの特性を限界まで引き出すフォント作りで世界を驚かしまくっている現在もっとも面白いタイプファウンダリーUnderwareによるポッドキャスト「Typeradio」を最近聞き始め、数年前のGerard Unger氏とAkira Kobayashi氏のインタビューを聞いていたら、インタビュアーであるDonald Beekman氏が凄く丁寧に「Mr.Kobayashi~」と言ってたことが印象に残ったからです。Mr.Kobayashiの凄さは欧米ではもう本当に凄いものがある。今や世界の5本の指に入るくらいのスーパースターなんでしょう。それが日本に逆輸入される形で広まったようです。
しかし、海外生活が長いだけあって、英語がとても上手かったです。発音も綺麗で、聞き始めはウンガーさんが喋っているのか小林さんが喋っているのかが分からななかったほど。

小林章氏の他に日本人は原研哉氏と古平正義氏。両氏とも海外で公演をするほどの英語力と度胸を併せ持った方だが、即興性の求められるインタビューと言う形式ではなかなか苦戦しているようでした。どうして彼らは英語がそこそこ出来るのだろう。
原さんは低く太い声と得体の知れない迫力でなんとか乗り切って、
古平さんは「信仰はありますか?」という質問に対して「My religion is Rock.」と答えるような明るいキャラクターでなんとか乗り切っていた。いや〜英語は難しいです。インタビューですらすら言葉が出てくるようにもっと英語頑張ろう。

古平さんが、名前は出さなかったけど、師匠である秋田さんのコトに対して言及する部分があった。曰く「私の前のボス(秋田さん)はタイポグラフィー、グラフィックデザインのスペシャリストだった。彼は田中一光の事務所で働いていたんだ。」
AKTさんとこにいた時に古平さんが一度訪ねてこられたことがあったけど、仕事中だったので会った事は無い。どんな人なんだろう。古平さんと仲良くなるには僕ももっとロックを聞かなくては。ダフトパンクやケミカルブラザーズばかり聞いていてはあかん。

しかしもちろんロックが嫌いなわけではない。むしろ大好きだ。ダフトパンクやケミカルブラザーズはロックだ。(?)
僕のダントツに好きなロックバンドはThe Blood Brothers。この曲を聴け。

[Youtube http://www.youtube.com/watch?v=GwZ0OuUrDes%5D

けしてクールとは言えないとてもインデペンデント感溢れるMV。
なんだか気持ち悪いツインボーカルだけど、それがいつのまにか魂の大絶叫&大合唱になり、世界で一番のロックに見えてくる瞬間がある気がするんだ!聞けば聞くほどかっこ良く感じる名曲、Lazer Life。歌詞には対して意味なんて無いといいな。
この一曲だけで僕の一番好きなロックバンドに上り詰めました。これはあがるよ、たぬき。

まあとにもかくにもこのタイプラジオ、既にものすごいアーカイブが出来つつあるので、オススメです。全部英語ですが。
勝手に僕が勉強がてらに翻訳とかしてここに内容を載せたら著作権的に多分駄目なので、みなさん各自聞いてみましょう。
なんか、良い情報書いてるのに、あんまりしまらない記事です。

Written by tkot1

07/25/2009 @ 01:50

カテゴリー: Creative, Curiosity

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。