TKOT! TEXT2

SF留学記+雑記

ジャーニー

leave a comment »


33, originally uploaded by oneofsomany.

アムステルダムで活動するエディトリアルデザイナーのLuis Mendo氏が3月1日から長期有給休暇をとり三ヶ月間の間東京に滞在しているようです。東京で少しの間過ごして、新しいインスピレーションを得るためだそうです。彼の事務所のトップページには

“We are closed for business enjoying a inspirational treat in Tokyo.
The 1st of June we will be back and take on new assignments with new energy. ”

と、堂々と描いている。
本当にただ遊んでいるだけではなく、しっかりちゃんと毎日東京を冒険している。Flickrにあげられた絵日記がその様子を物語っている。外人からの視点で、様々な驚きや感想をを描きまくっていて面白い。ゆるくて味のあるイラストレーションが良いです。写真や動画もある特設サイトもあります。

彼は1969年生まれ。13年ものキャリアがある中堅デザイナーですが、彼ぐらいの年齢でこんな冒険をするってことはかなり意義があると思われる。これは羨ましい。楽しそうです。

アローズでいくつか服を良い値段で買ったとか、蕎麦を食ったとか、その蕎麦のディティールの説明だとか、上野行って美術館巡って禅の本をゲットして感激だとか、原宿の変なファッション見たよ〜とか、ヨドバシカメラのカメラ屋らしからぬ騒々しさに驚愕したとか、アンデルセンでパン買ってマーガレットクラブのシールもらって、アンデルセンが日本にもあることにグローバライゼーションを感じたとか、そんな絵日記でした。

広告

Written by tkot1

04/12/2009 @ 01:52

カテゴリー: Creative

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。