TKOT! TEXT2

SF留学記+雑記

【カズキさん】パーティー【カエさん】

leave a comment »

昨日の夜、SFSUのジャパニーズかずきさんが主催するホームパーティーに行ってきた。以前りんちゃんの家で行われたタコ焼きパーティーにお招きいただいた際に、初めてお会いして仲良くさせていただいたつながり。
りんちゃんとセイヤとアメリカンラグシーで待ち合わせて酒を買ってバスでカズキさんちまで移動。
そのバスの中で、太った黒人がうんこを漏らした。かなりダイレクトなうんこ臭がバスの後方に漂い、私たちは席を移動した。こんなことってあるんだな。マジで引いた。座席にうんこついてた。マジ意味わからん。アメリカすげえな。世界の広さを感じた。うああ、思い出したくない。虫酸が走るとはこのことです。

カズキさんちにつくと、SFSUの学生たちが出来上がっていた。ウエッサイのストリートカルチャーを愛する人たちっぽかった。何となく和み系で、ハッピーなパーティーだった。とても楽しめた。料理もとてもおいしかった。
アオイさんという書道家の方が黙々と作っていた広島焼きは超美味しかった。タコ焼きパーティーの時も思ったけど、こちらにきて美味しい粉ものを食べる事が出来るとは思っていなかったので、新鮮だった。柔らかい旨味抜群のキャベツが沢山入ったお好み焼きは私のタイプだ。カレーなのかビーフシチューなのかわからない謎の焦げ茶色いドロドロも抜群だった。料理上手い人が沢山いるってすばらしい。
大学の課題があるので12時頃にはおいとましたが、カズキさんカエさんカップルは良い人達なのでまた呼んでいただきたい。学校の課題をコンスタントにこなして、いつでも遊べるようにしておきたいな。
カズキさんはとても義理人情に厚い方。強面だがお茶目でナイス馬鹿。みんなに愛される不良だと思った。カエさんは広告系だからなのか、非常に頭が切れる。カエさんと話していると、自分の頭の回転も速くなるような錯覚におちいる。軽快なトークができる。とっても頭が良い。顔もかっこいいし。そんな二人がカップルっていうことに、私はひどく納得するとともに、何故かいい気分になる。良いなあ。

パーティーの帰りに、ランコちゃんという2つ年下の同期生の友達に「トッポギ」というあだ名がついた。本人はその場にいなかったのに。
セイヤはトッポギと同級生のフォトグラファー。一眼レフをいちいち持ち歩く事に抵抗を感じているタイプのカメラマンだ。北海道出身のイケメン。

以前、リサキさんとポールとりんちゃんで、ディナーに行った。
今月に入ってから、急に日本人コミュニティーの仲間入りを果たした感のある私だが、そのときのディナーである重要な事に気づかされた。
自分は英語が出来ないということ。
ポールはNY出身のばりばりのアメリカ人。リサキさんとりんちゃんは英語ぺらぺら。あとから来たユウコさんなんかマジでぺらぺら。そして私は留学歴7ヶ月と、まあそれなりの英語なのだ。なんかへこんだ。日本人ばかりで絡んでいるときは気づかなかったが、おいおいこいつらそういえば英語喋れるんだったーということを、ポールを交えることによって思い出した。外人が一人でもいると、日本語で盛り上がることは出来ない。ここはアメリカなんだから。英語をもっと真剣にやらなきゃいけないと思った。グラフィックも大事だけど、きっと英語の方が今はもっと大事だ。仮にグラフィックがそこそこ出来たって、英語でプレゼンできなきゃうんこ。…ああ、バスのうんこ思い出しちゃった…。うええ、、

よし、課題やるぞ。
近いうちにAKTさんに連絡してみようかな。一応帰国時期を知らせておこう。おそらく夏。お盆の時期になるだろう。

Written by tkot1

03/23/2009 @ 20:04

カテゴリー: Diary

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。