TKOT! TEXT2

SF留学記+雑記

FANTASTIC MAN

leave a comment »

雑誌の話が続く。
FANTASTIC MAN のTOM FORDの号がアメリカンアパレルにあったので買った。
課題で「好きな雑誌のページを持ってこい」というのがあって、多少は語れそうなページがあったので購入。アイデアの授業。英語喋れないとウンコのクラスなので、なんとか多く喋れるものを見つけないといけない。

ゲイグラフィックデザイナーJop van Bennekomによるディレクションが3年ほど前から日本のエディトリアルデザイン業界でも密やかに騒がれ始めたが、本屋でちらりと立ち読みしてみたぐらいだった。当時もレイアウトセンスに凄く洗練された印象を受けたが、内容が私と接点の無い「ハイセンス紳士向けファッション誌IN英語」なので、勉強のために購入するには学生にとってリスクが大きかったから。日本だと定価2500円ぐらいと高かったし。こっちでも$15.00と、ファッション誌にしては安くはないのだけど。
いざ買ってじっくり見てみると、やはり世界から注目を集めるだけあって非常に洗練されたエディトリアルデザイン。このFANTASTIC MANという雑誌のテーマに良くあった男らしいデザイン。シンプルで潔い。文字の選びやケイ線の使い方、紙が変わる所とか良い。見ていて気持ちいいレイアウトだ。
不思議なのは、広告のページまで何故か操作しているような気がしたこと。各ブランドの広告ページはこの雑誌のためだけに作ったものでは無く、他のファッション誌でも同じ広告を使っているはずなんだが、なぜか内容とも均整がとれているように感じた。なんだったらそれぞれ他のブランドの広告とも調和しているような。
ゲイ恐るべし。
ゲイなのか?ゲイだよな。ゲイじゃなかったらBUTT作るのはキツいはず。

あ〜課題ヤバいヤバいマジで。

Written by tkot1

02/10/2009 @ 00:26

カテゴリー: Creative

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。