TKOT! TEXT2

SF留学記+雑記

Coraline

leave a comment »

[Youtube http://www.youtube.com/watch?v=LO3n67BQvh0&eurl=http://ppgcom.blog12.fc2.com/blog-entry-2597.html%5D

Coraline

コラライン。ニール・ゲイマン作のダークファンタジーの傑作を元にした、パペットストップモーションムービー。主人公コララインの声を演ずるのはダコタ・ファニング久しぶり。
監督はナイトメア・ビフォア・クリスマスのヘンリー・セリック。12年ぶりの監督。
自分の人生に失望している少女コララインが引っ越し先の暗い家で見つけた秘密の抜け穴から別の世界に行くと、そこには素晴らしい別の人生があった。やさしい両親、素晴らしい家、おいしい食事、綺麗な服、なんだか変だけど不思議で楽しい世界。けど、その世界の住人はみんな目がボタン。楽しく生活していたコララインだが、その世界に閉じ込められていることに気づく!脱出して現実世界に戻ることは出来るのか!?というような話だと思う。

おととい、宿題の休憩がてら大学から徒歩5分くらいのところにあるCartoon Art Museumに、前に書いた「トトロの森プロジェクト」を見に行ったら偶然「The Art of CORALINE」の展示が同時開催されていて、そっちの尋常でないクオリティーに心を奪われてしまった。映画で実際に使われたパペットや、セット、設定資料や資料映像等が見れたのだけど、その全てが本当に凄い。とにかく技術と根気とテクノロジーの結晶。

[Youtube http://www.youtube.com/watch?v=cayVMHSRHZI&feature=channel%5D

特に実際に見れて感動したのは、パペットの内部構造。尋常ではない。劇中に登場する主要なキャラクターのパペットが何体もあった。クオリティーとかそんなレベルじゃねえ。最高の物だ、というカンジがした。
小さな人形の頭部に埋め込まれた眼球を操作する装置に、無数のパターンがありそうな交換式のクチ部分、眉部分。ストップモーションのパペットには凄く沢山のテクノロジーが詰まっていました。

[Youtube http://www.youtube.com/watch?v=K5VTE9MZzIw&eurl=http://www.kotaro269.com/archives/50771583.html%5D

資料映像の中でも特に凄かったのが、パペットの洋服を作る人。極小のセーターを、極小の針で編んで行く。細かな模様までしっかり編み込んでる。この極小サイズでニットをデザインしているのは彼女だけだ。
シャワーのシーンも凄い。水が流れる様を1コマ1コマ静止させたような透明の樹脂を、本当に1こま1こま交換してシャワーを再現している。展示で見れた映像資料の多くはYoutubeで見れるようなので、映画を見る前にチェックしておくのもいいかもしれない。

ナイトメアビフォアクリスマスから、かなり長い時間がたったので、技術の進歩は尋常ではないだろう。最初トレーラーを見た時はあまりに動きが自然なために一瞬3DCGアニメかと思ってしまった。パペット独特の雰囲気を、気持ち悪くなるまで楽しめそうだ。これは間違いなく映画館に行って見よう。多くのアメリカの映画館は3D上映だし、おもしろそう。
どちらにせよ必見です。超人達の仕事を見なくては、

Written by tkot1

02/08/2009 @ 02:01

カテゴリー: Creative

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。