TKOT! TEXT2

SF留学記+雑記

初日に4つ

with 8 comments

宿題が出た。
グラフィックデザイナー二人の経歴を調べるのと、最初のプロジェクトのコンセプト案最低3つと、今セメスター通してじっくりやってくプロジェクトのコンセプト案最低3つ、その3つの宿題。まあそんなハードな課題ではないけど、ある二人のグラフィックデザイナーの経歴を調べるのが一番面倒なので、さっさとやってしまわないと。資料つくって提出+軽くプレゼンinイングリッシュ。一週間後提出だけど、早くやらないとな。土日は少しは休みたいし。

もうここで少しやってしまおう宿題。
調べるグラフィックデザイナーはMaya LinとPaul Rand。どちらも知りませんでした。ではwikiってみましょう。
…マヤ・リン…発見出来ず…。マジか。
中国系アメリカ人建築家、マヤ・リン。これか。ああ、さすがに英語のwikiにはあったぞ。

パーソナルライフ

中国系アメリカ人。リンの両親が中国からアメリカに移った一年後、オハイオ州はアセンスにて誕生。彼女の父ヘンリー・ファン・リンは陶芸家で、オハイオ芸術大学の元学部長。母ジュリア・ミン・リンはオハイオ大学文学部教授で、中国初の女性建築家リン・フーインの姪にあたる。米イエール大学で学び、1981年に芸術学科学士、1986年に建築学科修士を取得。同時にイエール大学、ハーバード大学、ウィリアム大学、スミス大学から名誉修士課程が授与される。なんで。
その後ニューヨークの写真ディーラーであるダニエル・ウルフとケコーン。二人の娘、インディアとレイチェルをゲット。

リンは白人にかこまれた環境で育ったが、彼女自身「そのことに気づきもしなかった」と発言している。彼女が物心ついた後に、自分のアイデンティティーが中国人であることを認識し、30代以降さらにその文化的な背景を追求する意欲がでできた。
彼女の2人の娘に、彼女達の遺産の一部を知って欲しいという思いから、ニューヨーク市のチャイナタウン付近に立地するMuseum of Chinese in Americaのためのリンによる新しい設計プロジェクトには、彼女の個人的な意義である中国に関するデザインを取り込んだ。


ベトナム戦争戦没者慰霊碑

1981年、リン21歳。イエール大学在学中(当時まだ1年生!)にも関わらず、ベトナム戦争記念碑公共デザインコンペにて1420もの参加者の中から優勝。メモリアル・ウォールは58253人の戦没者の名前が刻まれた2個の巨大な黒い花崗岩で作られたV字型の壁である。ベトナムのV。その両端はそれぞれリンカーン記念館、ワシントンモニュメントをさしている。

リンの理念は、兵士の犠牲の重大さを象徴化することを重要視し、国への貢献を賛美するより、兵士の犠牲への鎮魂をテーマにしている。
当初、そのデザインが型にはまったものでなく、伝統的な戦没者慰霊碑のイメージあまりにかけ離れていたため、しばしば論争の的になった。リンがアジア人であったことにも意義が唱えられた。
しかし、徐々にベトナム戦争死傷者の親類や遺族、友人らの巡礼の地となっていった。彼らによって、死傷者達の思い出の品や、手向けの花等が毎日壁にそって残されている。

リンは、コンペが名前の変わりに数字でエントリーする形式でなかったなら勝てなかっただろうと感じている。リンは合衆国議会の前で彼女のデザインを守った。そしてついに、承諾の連絡を受ける事になる。しかしその結果、軍人のグループと星条旗の銅像が記念碑の片側に彼女の意思とは無関係に設置されることになった。

ベトナム戦争記念碑 以降

現在リンはニューヨークにマヤ・リン・デザインスタジオを経営。アラバマ州モンゴメリーのThe Civil Rights Memorial、ミシガン大学のWave Field(?)等、さまざまな設計をしている。

1994年、アケデミー賞ドキュメンタリー部門を受賞した映画「Maya Lin: A Strong Clear Vision」の表題に。そのタイトルは彼女がイール大学で行った記念碑に関する講演のものからとられている。

2000年、
休憩

Written by tkot1

01/27/2009 @ 21:30

カテゴリー: Diary

コメント / トラックバック8件

Subscribe to comments with RSS.

  1. Paul Rand。
    私、不覚にも知りませんでしたが、サラッと調べてみたら、良いね。
    なんつうか、年代も年代だし流石にオールドスクールだけど、
    私の敬愛する河野鷹思さんにも繋がるところがある、ような。

    課題大変そげ〜。でもやりがいありそげ〜。
    いつもこっそり木の陰から、応援しています。

    つか、コメントどんどんしてるけどすんません

    tanuki

    tanuki

    01/28/2009 at 01:27

  2. tanukiさん
    いつもコメントありがとうございます。
    Paul RandはあのIBMの人だったのか。仕事は沢山見た事あっても名前は知らないってパターン多すぎますね。
    音楽と同じで、その人が誰に影響を受け、誰に影響を与えたか〜調べるのは面白いですね。

    僕は最近High Placesを聞いてます。PSAPPと同じくネコ系に分類される連中のようですw
    Metronomy凄く良いです。

    tkot1

    01/28/2009 at 18:20

  3. いえいえスレ汚しすいません。

    そうね、あくまで作り手としては、そういうところを追いかけてくのも必要だな。誰に影響を受け、誰に影響を与えたか〜ってのは、
    ちゃんと事実関係を洗わないとこじつけになるけどねw
    でももうこじつけでも良いよ。自分の肥やしになりゃ何だって良い。
    良くねぇかw

    HIGH PLACESな、あれもど真ん中猫連中ですね。
    すっとぼけてるよなぁ、曲がw BISHIに並ぶ偽インド感。
    HIGH PLACESで思い出すが、一昨年あたりからあっちゃこっちゃで
    「ブルックリンが熱いぜ」みたいな特集を目にします。
    言われてみれば、HIGH PLACESをはじめ、GANG GANG DANCE、
    アニコレやらDIRTY PROJECTORSやら、あの辺の
    ジャンルでくくりにくい系が集まっておるようで。
    なんなんでしょうか。

    METRONOMYは僕のキャッチーさを司る部分に激フィット。
    つうか、JUSTICEで盛り上がってた僕は何だったのかと思わせる、
    ありえなかったはずの脱臼エレクトロ。初見はワロタ。
    昔のテクノの、CYBOTRONな空気が薄らあるにゃ〜、
    と思っていたが、母ちゃんはYMOやと言っていた。

    あとさ、ちょっと君んとこにモノを送りたいんですが、
    手段求む。 tanuki

    tanuki

    01/29/2009 at 00:39

  4. スレじゃねえしwww

    でももうこじつけでもいいよに転換する変わり身の早さがチャーミングだよな相変わらず。

    アニコレ、ガンガンダンス、ダーティープロジェクトやら、あとブルックリン勢ではないけどドゥンエン、やらに比べてハイプレイセズは聞きやすいです私には。ボーカルが女性だからだろうか。たしかにパーカッションとかインド臭い。インドの音楽好きだわ。
    ダーティープロジェクトもまだ聞きやすい。ジャケットが好きじゃないけど。

    メトロノミー、もう少し聞かなあかんけど、良いわ〜SO FAR。脱臼エレクトロw少しサイケだけどポップ。バランス感覚が絶妙です。おかんに聞かせるとかイカすな。さすが一人っ子はどこかズレてるw しかもYMO。良い家族だw
    ジャスティスはストレスて曲が一番好き。そんな曲あったっけ。なんか邪悪なPVのやつ。

    もの送る?!手段か…。それは、知らん。ちかく調べる。
    でもなんか毬藻屋から誕生日プレゼント送られて来たときは、箱に無数の切手が貼ってあったから、きっと高いかもよ送料。数千円とか…。ばかばかしいかもよ。

    ところでTANUKIて足のサイズいくつ?私(26.5〜27)よりでかい?

    tkot1

    01/29/2009 at 21:53

  5. 忙しくてあんま見れてなかったすまそ
    取り敢えず足のサイズは26.5ジャストだべす。
    なんの企みじゃら?

    最近の記事もおもろそうなので近いうちにまとめてゆっくりコメる。
    DESIGNERS REPUBLICとか

    送料高す!クリニック
    でもがんばるよあたしは

    乱筆失礼 tanuki

    tanuki

    02/02/2009 at 22:53

  6. おつとめごくろうさまです。
    足のサイズ一緒か〜。そうか〜。う〜ん。なるほど。試してミントわからんな。
    いやね、靴買ったんだけど、ちょい大きめで、何度かはいてしまったのだけど、なんとなくはきごこち良くなくて、今その靴を持つべき人を捜してるんだ。すげえかっこいいんだけどね。オレンジの靴。

    DESIGNERS REPUBLICはきっと私よりtanukiさんの方がズバンですね。
    送料頑張るておま。
    毬藻屋といい、アホが社会人になってお金持つと、ほんと愛すべきアホにw

    tkot1

    02/03/2009 at 02:11

  7. 勉学お疲れさまです。
    このサイト、家から開くとSAFARIがすぐにぶっ飛ぶので、
    会社からしか閲覧できないのです。

    オレンジのKUTSU!!
    TKOっぽいね〜TANUKI似合うかな。ナードだからな。
    でも靴いただけるなんて、もしそうなったらハッピーだわ!
    入社してからこっち、すぐ足が臭くなるのだ。

    ズパンだったのはもうちっと前だな。
    残念だけど、どっか妙に納得する部分も。。
    ていうか全盛期のWARPの仕事が自分のなかでクラシック化してしまった、ということもあるけども。

    やっぱね、シケモクを求めて街を徘徊していたような輩がお金持つと駄目だね。散財行為のレベル感が滅茶苦茶になる。
    AHA〜HA!

    東京のスレ伸ばし職人 TANUKI

    tanuki

    02/03/2009 at 06:15

  8. うあ〜シケモク探してたな〜wwwww
    この金銭感覚の変化には目頭が熱くなるなw

    オレンジ、会社にはちょい派手すぎるかもだが、うん。いつか試してみよう。一瞬でも臭くない良いKUTSUを履かそう。

    DRの知ってる仕事って、殆どワープのビジュアルだし、けっこう昔の話。

    スレじゃないってばw

    tkot1

    02/03/2009 at 09:50


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。