りこん!りこん!りこん!

アメリカの離婚率は世界で二番目。2組に1組以上の確率で離婚する。(ちなみに一番はロシアらしい
ルームメイトのディノも実はああ見えて離婚経験者で、「離婚は糞だ」とよく言ってる。That’s sucks。
今日、彼の同僚の1人が離婚を報告してきたらしい。24歳の彼は子供もいて、幼なじみと18の時に結婚したらしい。それはなんだか深刻だ。かなり最近離婚したようで、顔色も悪くてげっそりしてたって。

ディノが次に結婚する時は、ある誓約書を絶対に書いてもらう for just in case と言っている。
彼が説明する所によるその誓約書というのは、もし離婚すると結婚の時点で自分が持っていた資産を法的に保護するもの。
結婚後に稼いだ資産は半分こになるけど、結婚前に大きな資産を持っていた場合はその誓約書を作っていないと、全ての資産を半分こしないといけなくなる。

ディノ「結婚相手が、その誓約書を作る事を断ったらどうする?まず結婚しないよな。」
TKOT「誓約書書かせること前提に話してっけど、そんなの書かせるなんて変な気分がするんだが俺は。本当に相手を信じられていないってことじゃんか。結婚てそんな心境ではできんだろ。」
デ「いやいや、アメリカには酷い例があってな、ただのベビーシッターだった女と結婚した男が、その誓約書を作ってなかったばっかりに一瞬にして数億円失ったんだ。ミュージシャンだったんだけど、何曲かの版権までとられて。そうなってくると、もう悪いのは女じゃなくて男の方だろ。単にバカだったんだ(He was just stupid!)!」
T「そういうもんなのかなあ。そんなに俺も知らんけど、日本でもそういう誓約書って一般的なのかなあ。アメリカほど離婚率高くないし。」
デ「確実に日本もある。金持ちにとってフェアじゃないでしょ。そうじゃなきゃリスク大き過ぎるよ。」
T「持ってる資産にもよるよ。相手が自分より金持ちだった場合とか。」
デ「まあな。まあ、結婚する時は本当に気をつけろってことだ。」

なんとなく腑に落ちないような気もするけど、離婚大国アメリカでは、どんなに愛し合ってけっこんしても常に離婚に備えて何かしら対策をたてておくのが賢いみたい。
カルチャーギャップだな。

もう僕のまわりでも結婚ムーブメントが始まってる気がする。同世代の人間達が結婚し始めてる。うは〜すごいな。なんかはらはらするな。
結婚は人生の地獄なのか天国なのか…。

広告

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中