TKOT! TEXT2

SF留学記+雑記

ジム

leave a comment »

フィットネスジムに行ってトレーニングをしてきました。

日本も人生に余裕のある連中を中心に、だんだんとジムでトレーニングをすることが一般的になってきたようですが、こちらの学校は高校にまでフィットネスジムが有ります。それだけフィットネス文化が昔から根付いてる。マッチョ文化。私の大学も有ります。
放課後、ルームメイトに誘われて行ってきました。コロンビアからの刺客、マルティンも一緒です。

さすがプライベートスクールというだけあって、非常に高級なマシンがずらり。さすがアメリカ。マッチョになるための設備は十分に整っています。
タイワニーかコリアンの学生数人がならんで自転車を漕ぐヤツを汗だくになってやっていました。
アンダーアーマーの広告で見るようなマッチョの黒人も居ます。両手に巨大なダンベルを持って、色々していました。
先についていたマルティンも既にトレッドミルで汗だくになっていました。

日本ではそんなに感じなかったけど、こう体育界系の空間に居ると自分のヘボい体型を客観的に確認出来るので、ちょっと恥ずかしい。
最近では背中が干しアジみたいなことになっているので、まずは懸垂をすることにしました。が、連続では4回しか出来ませんでした。これが老いか、と。
当然ですが漕艇部だった時よりもかなり駄目になってます。もともと太ももばかり太くなって、背中を使うことが苦手でした。

それでも太ももパワーとベンプレパワーはディノと互角に渡り合えたのが嬉しかった。自分より25センチも身長の小さいジャパニーズJr.にベンプレで負け、彼は相当ショックを受けていたようでしたニヤニヤ。
でも、それ以外は乾杯。二頭筋やばい元バスケ部のディノ。

筋トレで頭に血が上った後は、プールに。そう、プールもあります。でも、なんとなく汚いイメージです。あと、水が冷たい。長くは入っていられません。ディノは「これが冷たい?これはかなり暖かい方だぞ」と言っていたけど、あれは完全に病気だと思います。コロンビアからの刺客、マルティンとガチガチ震えていました。
元水泳部でもあったディノは、競争したがり。もちろん彼の全勝。身長2Mの体躯から繰り出されるダイナミックなスクロールは明らかに私やマルティンのそれとはレベルが違っていて、彼が流して泳いでも勝てない。彼の平泳ぎにクロールでギリギリ。

全身疲労困憊した。相当良い運動した。完全に筋肉痛になる。
忙しくなったら絶対来れなくなるから、今のうちに。あと一回ぐらい行っておきたい。

その後一度解散し、夜はUnbornを見に。
木曜日は学割がきいて700円くらいで見れます。ふたまわりぐらい日本より安いです。

Written by tkot1

01/16/2009 @ 11:45

カテゴリー: Diary

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。