TKOT! TEXT2

SF留学記+雑記

タトゥー 吸血鬼

leave a comment »

左肩の裏の当たりにタトゥーを入れた。
小さなドラゴンの装飾が施されたダガー†ナイフのタトゥー。そんなに痛くなかったし、時間もかからなかった。

ある凄く画期的なコンセプトのホテルに行った。その名も「ヴァンパイアホテル」。まあ多分そんな名前ではなかったけど、ようは吸血鬼のためのホテルだ。
それほど大きくはないが、それでもホテルまるまる一棟を吸血鬼仕様にしてるんだから、これはさすがエンターテイメント大国アメリカだ。
内装もかなり凝っていて、ダークな雰囲気。噴水にも何匹かのガーゴイルがいて、コインが沢山沈んでいた。シャンデリアが凄かった。
客室もヴァンパイアが生活しやすいように、というコンセプトで作られている。ロウソクのように揺らめくライト。ベッドが棺だったり、壁には大きな鏡がかかっていたり。
一番驚いたのは、血を洗うのに適した黒い水が出る洗面所があったこと。受付の人も、明らかにヴァンパイアっぽかった。完成度が非常に高い。
夜、ヴァンパイアの受付がドアを破って襲ってきた。やばいと思って気が動転したのか、肩の裏のダガーに手をやった。軽く出血しながら皮膚から剥がれるようにそのダガーナイフを引き抜くことができた。
で、受付の胸にダガーを突き立てたらすぐ死んだ。

という中二な夢を見た。後半ももっと詳細な夢だったのに思い出せるのはこれだけ。昔はもっと頻繁に夢を見ていたと思うのに、今は本当に時々しか見ない。しかも、目が覚めるとすぐに忘れてしまう。いったい僕の体に何が起こっているのか。
僕の夢は白黒で見える。

椅子を買いに右往左往している。値段はジャパンとそんなに変わらない。コンフォータブルなオフィスチェアが欲しいが$100はする。今は$15の普通の椅子に座っているが、まあ別にこれでも良い。

家の近くにアメリカンアパレルが出来た。CHINA GATE店。オープンして間もないので、きっと人がいっぱいに違いない思て行ってみたけど、なんかすっきりしていた。店員が多かった。店員が多すぎて逆に居心地が悪かった。

PENTAXのレンズが2月から大幅に値上がりしてしまう。迷っている。アメリカはレンズは安い。…。

ゲイの街カストロ周辺を通ったら、ゲイカップルを沢山見る事が出来た。カフェで座っているのは男同士のカップルばっかり。信じられない別世界。彼らの夜の営みは凄まじい光景に違いない。

広告

Written by tkot1

01/10/2009 @ 20:39

カテゴリー: Diary

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。