TKOT! TEXT2

SF留学記+雑記

父 アメリカ 襲来

leave a comment »

先週の土日、父が仕事のついででサンフランシスコにやってきた。こちらに来てまだ三ヶ月と半分ぐらいだが、偶然とはいえこんなに早く親が遊びに来るとは思っていなかったので、なんだか不思議なかんじだった。なんだか子供の頃家族で行った海外旅行を思い出した。
父が来たからといって、特にサンフランシスコではすることもない。それでも、ショッピングを楽しんだり、普段は食べることのできない素晴らしいクオリティーの夕飯を食べたり、かなり充実した2日間を過ごせた。栄養素を沢山取り込んだ。
父が泊まったホテルにあったロクシタンの石けんが超絶に良い香りだった。女子へのお土産が決まった。

ブラックフライデーで買った家族へのクリスマスプレゼントと、父が持ってきた日本からの支給品(ヒートテックフリースねば塾オードムーゲ等)と交換した。ねば塾オードムーゲのコンビネーションは、ここ2年ぐらいずっと気に入ってるんだけど、ロクシタンにいつか浮気する予定が出来た。
当たり前だけど父とのからみは久しぶりだった。12月10日は彼の誕生日なので、妹と割り勘でプレゼントをゲットし捧げた。

ディノが誕生日プレゼント、とてもありがとうございます。と言っていました。彼にあげたのはQFOという超小型未確認飛行物体型ラジコン。父さんが東急ハンズで選んできました。
飛びました。とても楽しい。空中でホバリングさせるコツをつかむととても面白い。説明書が日本語表記しか無く、対象年齢15歳以上なため内容も複雑だったけど、どうにか英語で説明しつつ、一緒に遊んだ。夜中。アパートのロビーで。外の通行人が不思議そうに見物してて、二人して優越感に浸れました。ジャパニーズスタッフは最強だな的なことを言っていました。
そうとう楽しんでいました。良かった良かった。

ところで、父が来た事によって、ホームシックになりそう。ジャパニーズスタッフは最強で思い出した。
やたらと父が日本とアメリカの商品のクオリティーやサービスのきめ細かさ等を比べて、その差歴然ぶりを説明するので、ホームシックというか、東京シックだ。東京にあるモノの充実度や品質の高さは、サンフランシスコの20倍ぐらいだ。
知識欲や好奇心を充ち満ちに満たしてくれる街東京で大学生活を送ってしまったので、サンフランシスコでの暮らしは少し退屈。こちらに来ると東京の凄さが身にしみて良く分かる。あの街は異常だ。間違いなく世界最強。情報のスピードは光。どんなジャンルにおいても世界中から選ばれた良品が集結する。パリやロンドンのお洒落さは無いが、情報量においては他の追随を全く許さない。

だから、サンフランシスコは、勉強するには凄く良い場所だ。誘惑が無い。
特に欲しいモノも無く、興味深い展覧会も頻繁には無い。半年も住めば、遊ぶ場所、行く店が完全に絞られてしまい、それ以上なかなか増えない。行き尽くしてしまう。東京は毎日探索しても、開拓の速度の方がそれを遥かに上回るので際限が無い。

とはいえ、MacWorldがあったり、ゲイパレードがあったり、ピストバイク走りまくりだったり、ワークアウトやランニングの文化が気持ち良く浸透してたり、色んな人種がいてそれぞれのコミュニティーがそれぞれ面白かったり、とか、独特の魅力は沢山あるけれど。

これからはもっともっとガリガリに勉強しようと思う。冬休み、トラスの飲み会があるらしいので、本当は日本に帰りたいんだけど、今回は見送り。まだ今の段階で帰ると、日本語ばっかり使って英語忘れちゃいそうだ。
今日は特に沢山英語を喋った気がする。だんだん吸収のコツみたいなものが分かってきた気がする。語彙が増えた。まだまだだけど、少しずつ成長が感じられる。語学は面白い。もっと勉強すれば、もっと面白くなるに違いない。
でも、何から始めよう。単語?

Written by tkot1

12/08/2008 @ 21:40

カテゴリー: Diary

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。