TKOT! TEXT2

SF留学記+雑記

出会い系サイトを積極的に活用

with one comment

そして今日もフィリピンーナとデートだ。
昨日初めて彼女と会って凄く良い印象を受けた。トークしながら飯食った。ちゃんとこちらの話に興味を持って聞いてくれる人なので、凄く優しくて良い人。ホラー映画好きってところも素晴らしい。今日は彼女と飯を食った後、家に呼んで一緒にDVDを見ます。

前々回はセクシーなメキシカン女性と飯を食いに行ったのだけど、ちょっとフィーリングがいまいちだった。ルックスはかなり好みだったんだけど。
で、前回はタイワニーズの女性で、けっこう年上だったが、英語のレベルがちょうど良くって良い人だった。恋愛対象ではないな。

今同時進行でコミュニケーションをとっている女性は3人。ブロンドの背の高い、キャスターみたいなアメリカン、タイワニーズ、そしてフィリピーノ。

今日会うフィリピーノは、顔は濃いめで身長が小さくて、可愛い。聞き上手だってところが大きい。本当に興味を持って話を聞いてくれている気がする。よく笑うし。出会い系サイトを利用して実際に会った人の中で最も良い印象だ。会話してても良い返ししてくるし、褒めるところは凄く褒めてくれるし。もっともっと彼女と話したい。

そこで問題は、彼女を家に呼んだとき、当然ルームメイトも家にいるってことだ。一緒に映画を見てる時に、カーテンを隔てて隣の部屋に奴がいるのはどうも居心地が悪い。彼女に対してもなんか悪い。出来れば出て行ってほしい。けど、夜だしなあ。外寒くなってきたし。8〜11時ぐらいの間でいいんだけど。でもこの辺、夜はちょっと危ないしな。強盗に襲われたりしたりしないかな…。
う〜ん、そうだよな。この家は二人のものなんだから、お互いが自由に使えるのは当たり前だ。いくら女子連れ込んだからって、こちらの都合で出て行かせるのは最低だよな。かなり差し迫った時の場合w以外はしょうがないよな。ここはアメリカ、彼女も理解してくれるさ。会って二日目だし、今日のところはそんなもんだ。

と…ルームメイトのディノは思っているはずだ。

彼は今フィリピーノの彼女と一緒に映画を見始めてる。ディノの映画の趣味は凄く偏ってるので、彼女を選ぶには良い方法だ。
昨日の夜、彼女との初デートから帰ってきたディノは興奮気味に「彼女はとても良い奴だった!」と僕に語った。で、今日にかけては上記のような調子だ。フィリピーノの彼女ともさっき軽く話したけど、本当にいい人そう。すぐ人を褒めるタイプっぽいし、リアクションも素直で大きい。英語はほぼネイティブ。

けっこう大きなカルチャーショックだったんだけど、アメリカでは出会い系サイトが日本のそれよりポピュラーな印象。
日本も少し前に比べれば、清潔感のある大きめの出会い系サイトがだんだん一般化してきたようだけど、出会い系サイト自体にまだ残念な印象を持っている人も多い。
驚いたのは、女子から積極的に電話がかかってくること。釣りじゃなくて。電話かかってきて、デートの約束をして、会う。非常にクイック。マジでか。ちょっとこれ素晴らしいなおい。

ルームメイトも、電話かかってきた時は「え?誰?は?デイトサイト?ああ。ああ〜!!どうも!はじめまして〜!」みたいに、最初は話が飲み込めてない。面識の無い女子からデートの誘いの電話がリアルに有るなんてな。利用してみようかしら。

サンクスギビングのディナーを食べながら「少し信じがたい。よくは知らないけど、日本ではもうすこしプロセスが多いんじゃないかと思うんだ。まずはメールからなんじゃないだろうか。」と言うと、「それが文化の違いってやつだ。面倒な人種だ」的な返答。

彼は良い奴なので、恋愛が成就する事は祈るが、彼女を連れ込むために僕が部屋を出なきゃ行けなくなるのは勘弁してほしい。いくら4歳年上だからって、賃貸契約上はフェアなんだからね。

Written by tkot1

12/05/2008 @ 21:10

カテゴリー: Diary

コメント / トラックバック1件

Subscribe to comments with RSS.

  1. […] 最近はもっぱら女性の話。出会い系サイトの話やスピードデートの話も最近だが、今年入ってからも本当にず〜っとたまってる様子。出会い系サイトには何度挑戦しても実りが無く(相手と会うには会うんだけど…)サイト変えたりしても駄目(男性は有料なんだけど…)。さらにクリスチャン系の出会い系サイトに登録してみたら登録してるクリスチャンが基本的に少なく、不細工とおばさんしかいないので使い物にならないとすぐに戻り。スピードデートは実は2回参加。ディノはすべての女性に「おk」マークをつけたにも関わらず、女性側の返事はゼロ。一回目は残念そうだったが、二回目はむしろ「はいこれ絶対嘘ー。きたねえビジネスだな。はいブルシット乙ー。」と言って、主催会社側の操作であると主張。そこは無駄にポジティブ。「他の男性はどんなだった?」と聞くと「自分が一番見た目マシだった。身長も一番高いし、若いし。服も上下黒ではずしてはないだろ。これ確実にブルシット。そう思わん?」 […]


コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。